ぼっちぶろぐ

ぼっちぶろぐ

ぼっち好き女子大生 主に勉強と旅行

埼玉大学教養学部の編入試験体験談

saitama-u



埼玉大学教養学部
グローバルガバナンス専修受けました

結果は不合格

初日の筆記で落とされたので
面接には進めず。


あまり参考にならないと思いますが
当日のながれをどうぞ



埼玉大学を受ける人は多かった気がします
駅から大学までバスで行くんですが
同じバスに乗っている人がみんなライバルにみえます
(たぶん実際にそう)



専修ごとに教室が分かれていて
高校の教室くらいの広さで
けっこう満員だった気がします



筆記は英語と専門科目
英語は辞書持ち込みOKです

でも緊張していたからか
辞書引いてもわからない(笑)

過去問や実際の問題をみると
専門書の原書から出題されます

例えばカーの「歴史とは何か」とか

こういう原書を日本語でいいので
読んでおくといいかもしれません。

ちなみに短大の先生いわく
カーの『歴史とは何か』は
社会科学を学ぶ人間なら
読むべき一冊らしいです

カーという人すら知らなかった私は
学ぶ資格がないかもしれない・・・(;_;)








毎回、この本から
出題されるわけではありませんが
合格してから苦労しないためにも
読んでおいたほうがいいかもしれません




そして次に専門科目ですが
こちらもわからない(笑)


専門科目は用語説明です
政治分野と経済分野から
8コくらいの用語が並んでいて
そこから3~4つ選んで
意味を3行以上書いていきます


用語は聞いたことあるけど
詳しい定義はわからない言葉ばかりで
 そんな何行も書けない。1行でおわる。

国際政治学入門の本は読んでいましたが
そこの出てこなかった用語ばかりで
「運がなかった」と思うことにします(笑)

ただいま思うと基本的な用語も多くて
国際政治だけでなく世界史とか
広く国際分野に関心を持って勉強してれば
必ず目にする用語だった気がします

私はそのへんが弱かった・・・(;_;)


あと、隣の席のひとが試験中に何度も
こっちをチラチラ見ていたので
若干イライラしたのを覚えています(笑)

こっち見んな!みたいな(笑)



そんな感じで筆記はボロボロでした


事前に過去問を入手していて
英語ともかく専門科目の用語説明は
どう勉強すればいいのか
分かりませんでした


まあ上記したように
広く国際分野に関心を持って
勉強することが大切かもしれません



ちなみに埼大の過去問は郵送はなく
実際に大学へ行かなければなりません


遠方にお住みの方には
厳しいかもしれません


このブログの内容が少しでも
参考になればうれしいです~